清瀬市のご紹介

清瀬市は、東京都の北部にある人口約7万4千人のベッドタウンです。市の北側の所沢市との境は柳瀬川が流れ、緑の多い自然豊かな環境があります。また、医療施設が多く市内に約30の診療所、病院があり安心です。

交通の利便性

清瀬市は、西武池袋線の清瀬駅と秋津駅が利用できます。清瀬駅から概ね30分前後で池袋方面に行け便利です。有楽町線、副都心線と直通運転をしているので様々な方面へのアクセスが出できとても便利です。関越道の所沢インターが近く、長野、新潟、北関東への遠出に便利です。

住みやすさ

清瀬駅の駅前周辺には銀行や“西友””オーケー”などのスーパーやコンビニ、飲食店などが充実しています。柳瀬川沿いには清瀬市で最大の公園“金山緑地公園”があり水遊びやバーベキューを楽しむ人たちも沢山います。駅から離れると閑静な住宅街で緑が多く自然に恵まれた住環境があります。

子育て環境

清瀬市は、乳幼児医療助成、義務教育就学医療助成の医療費助成制度があり、0歳から6歳、6歳から中学3年生までの医療費が実質無料となります。小学生、中学生は所得制限があります。また、子育て世帯近居支援事業として就学前の子供を持つ家族が市内の祖父母の近隣に転入する場合、又は祖父母が市内の就学前の子供を持つ子の元へ移り住む場合に引っ越し費用の半額(10万まで)を市が負担する制度もあります。医療施設は多摩北部医療センターなど総合病院や診療所なども多くあります。休日や全夜間に急患を輪番制で受け入れる病院が決まっており安心です。

この記事は2016年6月20日に作成されました。

PAGE TOP↑